EXPO'70パビリオン

施設案内 利用案内 交通案内 お問合せ
新着情報 常設展 企画・特別展 イベント パビリオンショップ ボランティア募集 管理運営団体のページへ
EXPO'70パビリオンの役割

1970年にアジアで初めて開催された日本万国博覧会。日本万国博覧会の成功は、今日の日本が経済大国として発展した礎となりました。EXPO'70パビリオンを通して、輝かしい名誉と貴重な国家的・歴史的・文化的遺産を末永く後世に継承していきたいと考えています。
「人類の進歩と調和」(Progress and Harmony for Mankind)をテーマに、日本の高度成長期に開幕された大阪万博は、20世紀最大の国家的イベントとして今も語り継がれています。


  1. これまでの博覧会と違った規模、内容、盛況ぶりなど、その凄さをあらゆる世代に知ってもらうとともに次世代へ語り継ぎます。
  2. 万博記念公園に現存する博覧会施設を有機的に繋ぎ紹介するための核となる施設として進化していきます。
  3. 「人類の進歩と調和」をテーマに開催された博覧会は、単に過去の出来事だけでなく、今もその精神が今日的意義を受け万博記念公園で生き続けていることを伝えていきます。

1970年日本万博博覧会の出展施設であった鉄鋼館を活用し、
2010年3月に記念館としてオープン。

展示面積 ---- 約2000m3
       (1階無料ゾーン 約1,000m2
       (2階有料ゾーン 約1,000m2
展示点数 ---- 約80品目、約3000点
場  所 ---- 万博記念公園 自然文化園内
運  営 ---- 一般社団法人 関西環境開発センター